遺言書によってどんなことができるのですか? - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

遺言書によってどんなことができるのですか?


 遺言によって、以下のようなことをすることができます。

(1)各相続人の相続分の指定(どの相続人にどれほどの割合の遺産を相続させるか)
(2)死後5年を超えない期間内に限り相続人間で遺産分割を行うことを禁止すること
(3)遺産分割の方法の指定(どの相続人にどの遺産を相続させるか)
(4)遺贈(遺言によって財産を贈与すること)
(5)遺言執行者の指定
(6)遺留分減殺方法の指定
(7)特定の相続人の廃除
(8)相続人の特別受益に関する持ち戻しの免除
(9)未成年者がいる場合の後見人の指定
(10)認知

 なお、法的な効力までは認められませんが、付言事項として、遺言をおこなうにあたってのあなたの心情や、今までお世話になった人に対する感謝の気持ちや、自分の葬儀の方法や墓についての希望、残された家族に対する遺訓などを残すことも出来ます。

 近年、遺言書を利用される方は、どんどんと増えています。


相続問題の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 相続問題のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ