先日他界した父の遺品を整理していたら、父の残した遺言書が出て - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

先日他界した父の遺品を整理していたら、父の残した遺言書が出てきました。どうすれば良いですか?


 遺言書を発見した場合、開封したりせずにそのまま遅滞なく家庭裁判所に提出して、「検認」の手続きを経なければなりません。ただし、公正証書遺言の場合に限ってはこの「検認」の手続きは不要です。

 「検認」というのは、「確かに、これこれの内容の遺言書が存在した」ということを証明する手続きで、手続きの分類としては証拠保全にあたります。したがって、遺言書の偽造や変造などを防止するための手続きであって、遺言書の内容を吟味したりするための手続きではありません。
 
 なお、遺言書の「検認」を申し立てる人は遺言書の発見者もしくは保管者で、申し立て先は、遺言者の最後の住所地(相続開始地)を管轄する家庭裁判所です。申立後に家庭裁判所から指定される検認期日に、申立人、相続人、利害関係人が立ち会うことになりますが、検認当日に立ち会わなかった相続人や利害関係人には、後日、家庭裁判所から検認が実施されたことの通知(検認通知)がなされます。
 


相続問題の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 相続問題のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ