寄与分とは何ですか? - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

寄与分とは何ですか?


 「寄与分」というのは、被相続人(亡くなったかた)の財産の維持・増加に多大な貢献(寄与)があった相続人に対して、通常の相続分以上の財産を取得させることを言います。

 「寄与分」が認められる典型例としては、(1)永年にわたって被相続人の事業を専従で手伝ってきた場合や、(2)永年にわたって継続的に被相続人の療養看護を行ってきた場合などがあります。

 もっとも、「寄与分」が認められるのは、特別の貢献(寄与)をした場合に限られます。身内として通常期待される範囲内の貢献では、「寄与分」を認めることは難しいでしょう。
 また、「寄与分」が認められるのは「相続人」に限られます。相続人は亡くなったかたの身内であり、多少の程度の差はあっても身内同士が助け合うのは当然のこととも言えますので、遺産分割の際に、あまり「寄与分」の主張にこだわり過ぎると、遺産分割がまとまらなくなってしまいますので注意してください。

 なお、「寄与分」をどの程度認めるかについては、遺産分割を行う際に、まずは、相続人間で話し合って協議で決めますので、他の相続人の理解を得られるようにして下さい。
 どうしても、遺産分割協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に対して遺産分割の調停を申し立てて「寄与分」の主張をするのが良いでしょう。

 


相続問題の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 相続問題のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ