クーリングオフは、何日間できるのですか? - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

クーリングオフは、何日間できるのですか?


 ここでは、特定商取引法に規定のある取引形態について、クーリングオフを主張できる期間をあげておきます。
 注意していただきたいのは、クーリングオフ期間は、「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算するという点です。
 つまり、販売業者から契約書面の交付を受けていなかったり、契約書面の交付を受けていてもそれが特定商取引法で定められている要件備えた契約書面でなければ、まだまだクーリングオフは可能なのです。

(1)訪問販売(キャッチセールスやアポイントメントセールスなども該当します)
 「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算して「8日間」

(2)電話勧誘販売 
 「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算して「8日間」

(3)連鎖販売取引(マルチ商法やネットワークビジネスなど)
 「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算して「20日間」

(4)特定継続的役務提供取引(エステ、英会話スクール、パソコン教室、結婚相手紹介サービスなど)
  「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算して「8日間」

(5)業務提供誘引販売取引(モニター商法、内職商法、代理店商法など)
 「特定商取引法で定められている要件を備えた契約書面の交付を受けた日」から起算して「20日間」


消費者問題、クーリングオフの関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 消費者問題、クーリングオフのその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ