自宅にセールスマンが来て、羽毛布団の購入をしつこく勧誘され、 - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

自宅にセールスマンが来て、羽毛布団の購入をしつこく勧誘され、ついつい購入してしまいました。しかし良く考えると必要ありません。


 典型的な訪問販売です。羽毛布団は特定商取引法の指定商品にあたりますので、クーリングオフの期間内(訪問販売の場合8日間)であれば、あなたは、クーリングオフを行なって羽毛布団の売買契約を解消することが出来ます。
 クーリングオフは、特に理由がなくてもできます。「良く考えたら必要がない物なので、契約をやめたい。」ということも認められるのです。

 必ず、8日以内に、配達証明付の内容証明郵便でクーリングオフを行ってください。
 


消費者問題、クーリングオフの関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 消費者問題、クーリングオフのその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ