取引先に売掛金債権があるのですが支払ってもらえません。特に契 - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

取引先に売掛金債権があるのですが支払ってもらえません。特に契約書は交わしていないのですが、問題ないでしょうか?


 そのような場合でも、売掛金債権の回収は可能です。
 お互いが会社同士の取引で、それまでに継続的に取引があった場合などは、実際、契約書などを交わさないこともむしろ多いでしょう。

 では、裁判で、相手が債権(売掛金)の存在を争ってきた場合はどうすれば良いのでしょうか?
 契約書がなくても、例えば、普段から作成されている売掛金台帳などの商業帳簿があれば、それを証拠として債権(売掛金)の存在を立証して行けば良いでしょう。
 会社などのことを商法上は「商人」と言いますが、そもそも、「商人」には、商法第19条第2項によって商業帳簿の作成が義務付けられており法律上の根拠がありますから、民事裁判でも売掛金台帳などの商業帳簿類は信用性が高いと評価されるものなのです。そもそも、商業帳簿類については、刑事裁判上も証拠としての能力が認められるほど価値が高いものなのです。  


債権回収の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 債権回収のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ