お金を貸した相手と返済について話し合うことができ、返済につい - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

お金を貸した相手と返済について話し合うことができ、返済についての合意もできたのですが、相手が約束を守ってくれるかどうか心配です。


 あなたがお金を貸した相手(債務者)と話し合いを行うことができ、貸し金の返済について合意ができても、相手(債務者)がきちんと約束を守ってくれるかどうか心配な場合は多いでしょう。
 
 そのような場合は、(1)返済についての合意内容を公正証書にして、かつ公正証書に執行受諾文言を入れてもらうか、(2)簡易裁判所に即決和解(正式には起訴前の和解といいます)を申し立てて、返済についての合意内容を和解調書にしてもらうと良いでしょう。

 (1)執行受諾文言入りの公正証書や、(2)即決和解手続きで作成された和解調書には、いずれも執行力がありますので、後日、相手(債務者)が約束を守らない場合には、これらをもとに、強制執行に踏み切ることが出来るのです。


債権回収の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 債権回収のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ