離婚にはどうのような方法がありますか? - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

離婚にはどうのような方法がありますか?


 離婚の方法としては、主に3つの方法があります。

(1)協議離婚 
 裁判所の手続きを利用せずに、当事者同士の話し合いや弁護士などの第三者を交えての話し合いによって離婚するのが「協議離婚」です。
 当事者である夫婦が離婚することに合意すれば離婚することができ、離婚する理由などは問われません。協議離婚は、離婚全体の約90%を占めています。

(2)調停離婚 
 次に、裁判所の手続きを利用し、裁判所の関与のもと当事者同士の話し合いもしくは代理人を通じての話し合いを基調として離婚を成立させる「調停離婚」があります。
 通常、調停離婚は協議離婚が成立しない場合に利用されます。調停離婚は、裁判所の関与はあるものの、当事者同士の話し合いもしくは代理人を通じての話し合いを基調とした手続きですので、当事者である夫婦が離婚することに合意すれば離婚することができます。

(3)裁判離婚 
 当事者同士での協議では離婚の合意ができず、離婚調停も不調に終わってしまった場合には、家庭裁判所に離婚の裁判を提起することとなります。これが「裁判離婚」です。
 離婚事件については、裁判を起こす前に、調停の手続きを経ていることが必要とされています(調停前置主義と言います)。つまり、調停離婚を試みたにもかかわらず調停が不調に終わった場合には離婚の裁判を起こすことができますが、調停手続きを利用せず、いきなり離婚の裁判(離婚訴訟)を起こすことはできないということです。
 なお、裁判離婚では、当事者間に法律で定められている離婚原因のいずれかが存在しなければ、離婚自体が認められません。法律で定められている離婚原因は、(1)「不貞行為」、(2)「悪意の遺棄」、(3)「3年以上の生死不明」、(4)「強度の精神病にかかり回復の見込みがない」、(5)「婚姻を継続し難い重大な事由」の5つに限られています。
 もっとも、最近では、(5)の「婚姻を継続し難い重大な事由」が広く解釈されるようになってきており、時代の流れに対応した柔軟な裁判が行われるようになってきています。

 その他にも「審判離婚」と言う手続きもありますが、実務上は全くと言って良いほど利用されていません。


離婚、男女問題の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 離婚、男女問題のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ