過払いの状態になるためには、どれくらいの取引期間が必要ですか - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

過払いの状態になるためには、どれくらいの取引期間が必要ですか?


 継続して約7年以上の間、利息制限法所定の金利を大きく超える金利での取引を行なっていた場合、過払いの状態になっている可能性が高いと言えます。

 もっとも、過払い金が発生している否かは、取引の経過によって変わってきます。
 例えば、最初に多額の借入れをして、その後は返済ばかり行っていた場合は、比較的早い時期に過払いの状態になり易いですが、途中で度々完済をして完済後すぐに限度枠一杯の借入れを行うということを繰り返していたような場合は、取引期間が長くても過払いの状態になっていないということもあります。

 最終的には、実際に引き直し計算を行ってみない限り、過払いの状態になっているか否か、いくらくらい過払い金が発生しているのかということは断定はできません。


自己破産、過払い金、借金問題の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 自己破産、過払い金、借金問題のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ