良い土地が見つかったので購入しようと思うのですが、その土地は - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

良い土地が見つかったので購入しようと思うのですが、その土地は相続物件で、登記名義は既に亡くなっている被相続人名義のままになっています。取り引きに際して特に注意しておいた方が良い点はありますか?


 相続があったっ場合でも、不動産の登記名義が、長い間ずっと、被相続人(既に亡くなった人)名義のままになっているということはよくあることです。そのような場合でも、売主がその土地全部について完全な所有権を持っているのならば、その土地の所有権を取得することはできます。

 そこで、売主が相続人であっても、本当にその不動産の所有権を持っているのかどうかについて、よく確認する必要があります。
 相続があった場合、遺産分割協議が終了するまでの間は、遺産は全ての相続人の共有物(複数の人が共同で所有している物)だからです。したがって、もし、未だ相続人間で遺産の分割が終了していなかったとしたら、あなたは、売主からはその土地の一部の所有権(持分といいます)しか取得できないおそれがあるのです。

 そこで、まずは、現在その土地の登記名義人となっている人(被相続人)の戸籍を、その人の出生時まで遡って調べて、全ての相続人を把握する必要があります。
 その上で、売主から、遺産分割協議書や遺言書など、売主がその土地全部について完全な所有権を取得していることが分かる資料を示してもらう必要があるでしょう。

 もし、遺産分割がまだ終わっていなくて、売主がその土地の所有権を完全に取得していなかったことが判明した場合は、他の全相続人にも、その土地の売主になってもらう必要がでてきますので注意してください。


賃貸問題、不動産の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 賃貸問題、不動産のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ