良い土地が見つかったので購入しようと思いますが、売主は会社で - 東京都豊島区、板橋区近くでの池袋の弁護士への法律の相談。
 
  弁護士 相良法律事務所ホームお取り扱い分野ご相談の流れご利用費弁護士事務所情報
 

良い土地が見つかったので購入しようと思いますが、売主は会社で会社所有の土地です。特に注意しておいたほうが良いことはありますか?


 購入しようとしている土地が会社(法人)所有の土地の場合、その土地の売買契約は会社(法人)との間で行うことになり、売買契約の効果を会社(法人)に帰属させる必要があります。

 したがって、まずは、@取引の相手方が会社を代表する権限を持っていることの確認が必要です。直接の交渉の相手が会社の一担当者である場合でも、最終的には、その会社の代表権を持っている人(社長などの代表取締役)との間で契約をすることになりますので、契約書に本当の会社代表者の記名もしくは署名があって、会社の代表印が押さされているのかを確認する必要があります。その人が本当に会社の代表権を持っているのかどうか不安な場合は、その会社の商業登記簿謄本や代表者事項証明書(いずれも法務局にて取寄せ可)を調べれば良いでしょう。会社の代表印については、印鑑登録証明によって確認でき、通常は売買契約書などに添付されます。

 次に、A会社が不動産などの高価な財産を売却する場合、通常は、会社法362条4項1号の「重要な財産の処分」に該当しますので、その土地を売却することについて、その会社の取締役会で承認を経ていることが必要となります。したがって、あなたに不安がある場合は、会社との間で土地の売買契約を締結する際に、その会社の取締役会の議事録を提出してもらって、その土地を売却することについて取締役会の承認がなされているのかどうかを調べた方が安全と言えるでしょう(もっとも、取引の相手が小さな会社である場合は、取締役会の議事録までは備えていない場合も多々あります)。


賃貸問題、不動産の関連リンク

■当法律事務所への法律相談
 → 当事務所への法律相談の予約はこちら
■その他の質問を見る
 → 賃貸問題、不動産のその他の質問はこちら
相談の予約をする
ご相談のお取り扱い分野
借地・借家、不動産取引
自己破産,過払い金,借金問題
離婚、男女問題
相続問題
債権回収
交通事故
消費者問題、クーリングオフ
刑事事件
お取り扱い分野 | ご相談の流れ | ご利用費 | 弁護士事務所情報 | サイトマップ
▼過払い金返還請求ガイド | ▼自己破産相談ガイド▼家賃滞納相談ナビ
  このページのトップへ